ドジャース大谷「珍しく苦言の指揮官」を黙らせるべく狙うは得点圏打率よりも「四球増」

公開日: 更新日:

 野手として主にDHで出る以上、好機に弱いのはマイナスと思いきや、実はWARの評価で得点圏打率は重視されないという。

 大リーグに詳しい友成那智氏がこう言った。

「野手のWARは状況ごとの結果よりも単純に安打数や本塁打数、四球数、盗塁数が加算され、単打よりも二塁打、三塁打、本塁打と長打になればなるほどポイントが上積みされます。さらに、四球は単打よりも価値が高いため、ホームランバッターよりも出塁率の高い打者が有利になるのです。ちなみに今季の大谷は走塁を重視し、ここまで4盗塁(盗塁死0)をマークしていますが、盗塁死は成功で得られるプラス以上にマイナスが大きいので、慎重になる必要があります」

 試合終盤に勝負を避けられた昨季までとは異なり、強打者が並ぶ今季は申告敬遠がないため、ここまで7四球にとどまっている。

「昨季、2度目のMVPを受賞した大谷のWARは投手2.4、打者6.5の計8.9だった。MVP候補に名を連ねるのには最終的に6.5~7.0は必要。60本塁打に100四球が目安になるでしょう」とは友成氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至