日本ハム新庄監督インスタ動画と発言が物議…パフォーマンス自画自賛→ファンを揶揄の痛恨

公開日: 更新日:

 日本ハム・新庄監督(52)の発言が物議を醸している。

 15日、自身のインスタグラムに動画を投稿。14日のオリックス戦のメンバー表交換で、相手の中嶋監督と審判団と円陣を組んだ場面のものだ。

 敵味方と審判が一致団結して、最後は右手を突き上げる斬新なパフォーマンス。新庄監督はコメントで「この動画を観ての通り、審判の方達に注目が集まることの喜び。全員でこの試合を盛り上げ、良いゲームを作って行くためです」と自画自賛したものの、続けて「こんなことせずに試合に勝てや!というファンはあなた誰ですか?てな感じです」と、ファンを揶揄してしまった。

 コメント欄は賛否両論。賛同するコメントもあれば、<1年目に優勝目指しませんで去年2年目に優勝目指します言って2年連続最下位で3年目も采配が良くないんだからそう言われるの仕方ないやろ>と、辛辣な批判もあった。

 監督の仕事はまず、試合に勝つこと。パフォーマンスはあくまで二の次だ。

「不思議なのは、マルティネス、レイエス、スティーブンソンの助っ人3人を開幕からスタメンで使い続けていることです。打率はそれぞれ、.146、.094、.118。マルティネスは16日の試合で適時打を打ったものの、ここまで3人合わせて114打数14安打、2本塁打、8打点という惨状。この3人が打撃優先の一塁、左翼、DHを占有しているのだから他の選手はたまったものじゃありませんよ。何のために就任1年目にトライアウトと称して若手を鍛えたのか」(パ球団スコアラー)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今