巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

公開日: 更新日:

 先週半ばの段階では、筒香の巨人入りはほぼ決まっていたそうだ。それが、この1週間で古巣DeNAにひっくり返されたのだから、巨人・阿部慎之助監督(45)は歯ぎしりするしかない。

 巨人は阿部監督の現役時代の背番号「10」を用意。筒香と親交が深い指揮官には、これが最大限の誠意だった。「阿部監督は悔しいでしょうが、巨人にとってはかえって良かったかもしれません」と巨人の元バッテリーコーチで評論家の秦真司氏がこう言った。

「今の外野陣は、ドラフト3位ルーキーの佐々木(24)、萩尾(23)、秋広(21)、浅野(19)といったイキのいい若手が多い。さらに長野(39)、丸(35)、梶谷(35)といったベテラン勢も複数抱えている。32歳の筒香を補強することで、チームのバランスが大きく崩れることになりかねない。若手の成長を阻害することにもつながる可能性があったと考えれば、チームにとってはプラスでしょう」

 巨人は昨オフも、オリックスからFA宣言した山崎福(現日本ハム)の争奪戦に敗れた。過去、12球団最多の28人のFA選手を獲得している巨人はここ数年、補強で他球団の後塵を拝している。22年オフにも西武の森(現オリックス)を取り逃がすなど、21年の梶谷、井納以降、最近3年間はFA補強ができていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ