「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

公開日: 更新日:

 交渉役の萩原チーム統括本部長は14日に、「彼が戻ってきたときに編成の大きなピースになると信じている」と強調していたが、戦力としての筒香には球界内でも懐疑的な声が少なくない。

 20年の渡米後はメジャーに定着できず、マイナー落ちと移籍を繰り返した。メジャー通算は182試合で打率.197、18本塁打、75打点。昨年は一度もメジャーに昇格することなく、一時は米独立リーグに“都落ち”していた。

「23年の公式戦出場はマイナーでの68試合のみ。ジャイアンツとマイナー契約を結んだ今季は招待選手として春季キャンプに参加しましたが、オープン戦5試合で打率.125、本塁打はゼロで自由契約になった。ブランクがあるうえ、日本時代から指摘された課題が解消しきれなかった。米球界移籍1年目の20年は93マイル(約150キロ)以上の速球に対する打率が31打数2安打の.065、翌21年も13打数2安打の.154というデータが示す通り、速いストレートに対応できないという欠陥です。スライダーのような半速球をスタンドに放り込むパワーはあって日本時代は本塁打を量産しましたが、日本でも44発をマークした16年をピークに17年からは28本、38本、29本と数字が下がった。高めの速球と落ちる球で徹底的に攻められた日本最終年の19年は、141三振を記録しています。本塁打と打点の2冠を獲得した16年ですら、球速150キロ以上に対しては打率が1割台だったというデータがあります」(セ・リーグ球団のスコアラー)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ