「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

公開日: 更新日:

 本命視されていた巨人ではなかった。

 前ジャイアンツの筒香嘉智(32)が古巣・DeNAへの5年ぶりの復帰を決断したという。その去就を巡って一部スポーツ紙は「巨人決定的」と報じていた。実際に巨人も獲得に手応えを感じていたという。

「巨人は筒香に3年程度の複数年契約を提示したうえに、阿部監督の現役時代の背番号『10』も用意した。阿部監督は筒香とかねて公私ともに親交があり、食事をしたり、治療院を紹介したりする仲。新助っ人のオドーアが開幕直前に電撃退団したこともあり、獲得前の段階で『選手としては実績十分だし、人間性も素晴らしい』とコメントするなど、獲得を熱望した。巨人とDeNA以外では、ヤクルトソフトバンクなども関心を持っていたようですが、条件面では他球団をリードしていたともっぱらです」(パ球団編成担当)

 が、筒香は古巣への復帰を決断。元サヤに収まり、巨人は土壇場で恋人にフラれる結果になった。

「DeNAが複数回の交渉で条件を上積みするなど、攻勢をかけました。ポスティングで筒香を送り出す際に、日本球界復帰時の出戻りを熱望。巨人が以前から獲得を目指していることも把握しており、萩原チーム統括本部長は、『できる範囲の中で最大の条件を出している』と、最終的に巨人と同等かそれ以上の条件を提示。『監督手形』を約束したとのウワサもある。昨年、助っ人のバウアーを獲得する際に、アパレルブランドとのコラボやロッカールームなどでの動画撮影を許可する旨を契約に盛り込んだように、筒香が地元・和歌山で行う野球振興のサポートを約束した可能性もあります」(同)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ