横綱曙も一大勢力に苦しんだ…伊勢ケ浜部屋はかつての二子山部屋のようになれるのか

公開日: 更新日:

 4月上旬に54歳で死去していたことが明らかになった第64代横綱曙さん。この外国人初の横綱を苦しめたのが、当時、角界随一の勢力で知られていた二子山部屋だ。

 1990年代の二子山部屋は目もくらむようなスター揃い。ただでさえ、前身の藤島部屋時代から若貴兄弟に加え、貴ノ浪や貴闘力、安芸ノ島が在籍していたところにもってきて、93年に二子山部屋を吸収合併したことで勢力を拡大した。

 最盛期は若乃花、貴乃花の兄弟横綱に、大関貴ノ浪がいて、関脇は貴闘力、安芸乃島、若翔洋。小結に隆三杉、三杉里、浪乃花、平幕は豊ノ海(番付はいずれも最高位)。彼ら10人が同時に幕内にいたこともあったのだから、対戦相手もたまったものではない。彼らを向こうに回して11回優勝した曙さんは凄まじいが、当時は他の部屋の力士からは、「同部屋対戦がないから、二子山部屋の力士はいいよな」なんて、やっかむ声もあったほどだ。

 そこに行くと、現在の伊勢ケ浜部屋も負けてはいない。3月場所は横綱照ノ富士を筆頭に、翠富士、錦富士、熱海富士尊富士と幕内に5人。尊富士は110年ぶりの新入幕Vを達成するなど、若手も伸びてきている。次の5月場所は宝富士の幕内復帰が濃厚で、6人となる計算だ。さらに一時的とはいえ今回、宮城野部屋の力士を受け入れたことで、さらなる勢力拡大の兆候もある。こちらも十両の伯桜鵬など、将来が期待されている力士が少なくない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  3. 3
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 4
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

  3. 8
    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

  4. 9
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  5. 10
    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”

    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”