マスターズ2度目V狙う松山英樹は大きく出遅れ…過大評価のシェフラーを蹴落とせるか

公開日: 更新日:

【マスターズ】第1日

  ◇  ◇  ◇

 2021年大会を制して2度目の優勝を狙う松山英樹(32)は初日、1バーディー、5ボギーの76。4オーバーと大きく出遅れた。

 ラウンド後、「(パットを)自信を持って打っていないから入らない。18番でボギーを打ってしまったので心は痛んでいるが、切り替えて明日で終わらないよう頑張りたい」と話した。

 昨季欧州ツアー新人王で特別招待された久常涼(21)は、1バーディー、5ボギー、1ダブルボギーの78だった。

 13回目の出場となる松山は、2月のジェネシス招待優勝から好調を維持しているが、強敵は初日を6アンダーで終えた優勝候補筆頭のスコッティ・シェフラー(27)だろう。

 昨年の全米プロ2位で世界ランキングのトップに返り咲き、19試合を消化して3勝を含むベスト5が13回。マスターズ前の直近3試合も、2連勝、2位タイ。とにかく勢いがある。同ランキングの平均ポイント(11.856=7日時点)は、2位のR・マキロイ(7.699)を大きく引き離している。

 米国賭け屋のベストオッズを見ると、シェフラー4倍、マキロイ11倍、J・ラーム12倍と続いている。世界ランク12位の松山は21倍だ。シェフラーの4倍というオッズは、全盛時のタイガー・ウッズでもなかったかもしれないが、ウッズと異なるのはツアーのレベルだ。

 今はLIVゴルフに移籍したトッププロが米ツアーにおらず、明らかにフィールドは弱体化している。しかも、世界ランキングのポイントが米ツアーに過分に与えられているため、下位と大差がついてしまったとも言える。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今