岩井ツインズの姉・明愛 海外メジャー直前に完全復活の狼煙を上げられるか

公開日: 更新日:

 今季初Vで連覇なら最高だろう。

 12日開幕のKKT杯バンテリン女子オープン(熊本空港CCカントリークラブ=6518ヤード・パー72)で連覇を狙うのが岩井明愛(21)だ。

 昨年の大会でツアー初V。妹・千怜と双子そろっての優勝は史上初だった。明愛はその後、9月に2週連続で初日から首位を守る「完全優勝」を達成。トップ10入り18回でメルセデスランキングを3位としてシーズンを終えた。

 迎えた今季、千怜は開幕戦を制し、6試合でトップ10入りがすでに3回あるが、明愛はアクサレディスで6位に入った1度だけ。開幕2戦目の明治安田レディスでは、初日に80と大きく崩れ、昨年8月のCAT女子以来の予選落ちも喫した。妹に比べて元気がない。

「原因はパットです」と、ツアー関係者がこういう。

「相変わらず飛距離(250.61ヤード=6位)は出るし、今季もパーオン率は1位です。前週は姉妹で同組になり、笑顔でプレーしていましたし、体調が悪いという話も聞きません。でも、ティーショットがラフに行くことが多く、バーディーを取りやすいラインに乗らない。どの大会でもパッティングのタッチが合わないようでしたね。先週は最終日にボギーフリーの67で31位から12位へ順位を上げ、らしさを見せた。来週は海外メジャーのシェブロン(選手権=テキサス州ザ・クラブ・カールトン・ウッズ)に『3月の世界ランク40位以内』の資格で出場する。今週はいいイメージが残るコースで大会連覇を達成し、気分よく渡米したいはずです」

 開幕前日に明愛は「最近はショットもパターもだんだん良くなってきている」といった。本人も「ツインズ」ファンも願うのは姉妹での優勝争いだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」