DeNAに渦巻く筒香復帰待望論…「せいぜい年俸2億~3億円」で問われるフロントの本気度

公開日: 更新日:

<今の横浜に筒香選手不要って意見もあるけど私は戻ってきて欲しい>

 ネット上ではDeNAファンとおぼしきコメントが多くの支持を得ている。

 日本球界復帰が確実視される前・米ジャイアンツの筒香嘉智(32)について、8日付のスポニチは、「巨人獲得決定的」としたうえで、「(DeNAとの)交渉は既に終わり、復帰には至らない方向となった」と報じた。

「DeNAは2019年オフにポスティングでメジャーに送り出して以降、筒香復帰を熱望してきた。優勝を争う宿敵に奪われようものなら、ファンの反発は避けられないでしょう」と、球団OBはこう続ける。

「一昔前なら条件面で巨人に太刀打ちできなかったかもしれないが、今のDeNAは超人気球団。昨季の観客動員は、12球団中4位の約228万人を記録した。資金力は昔とは大違い。ましてチームは昨季3位に入り、1998年以来のリーグ優勝への機運は高まる一方です。筒香は腰などに古傷を抱えており、全試合出場は難しいとみられるが、左翼の佐野、一塁のオースティンらとの併用は可能。筒香の復帰がチームのプラスになると考えているファンは少なくない」

 筒香の契約条件にしても、せいぜい年2億~3億円程度とみられており、DeNAが手を出せない金額ではない。

 9日、三浦大輔監督(50)は「祈るしかないです」と話したが、フロントの本気度が問われそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?