クリケットバットで自己最高5戦連続マルチ 大谷を支える「フライボール革命」提唱者の正体

公開日: 更新日:

 ドジャース大谷翔平(29)が周囲の雑音をシャットアウトするかのように打ちまくっている。

 日本時間9日のツインズ戦は3号ソロを含む今季初の猛打賞で、キャリアハイの5戦連続マルチ(複数安打)を記録した。 試合前、日米の報道陣に対応した大谷は「ここ数週間いろいろ(水原元通訳による違法賭博、不正送金)あったので、隣に誰かいるかどうかはだいぶ違うと思いますし、そういう意味では、いてくれてよかったなと思う時はあった」と、2月に結婚を発表した真美子夫人と愛犬デコピンが支えになったと明かした。

 連日、水原元通訳による不正行為が米メディアを賑わせ、開幕から9試合連続本塁打なしの自己ワーストを更新した。苦境に立たされる中、愛妻と愛犬の存在が励みになったようだが、それ以上に大谷の復調の支えになったのは、ロバート・バン・スコヨック打撃コーチ(37)の助言だという。

 デーブ・ロバーツ監督によれば、スコヨック・コーチは、8日のカブス戦が雨で中断した際、今永相手に2打席連続で凡退した大谷に、クリケットのバットを使った打撃練習をすすめた。この練習の狙いについて大谷は「クリケットのバットは平面になっているので、面で捉えていくというか(今までは)どちらかというと(バットの)返しが早い感じのスイングではあった。練習の一環としてやりました」と説明。試合再開後、今季初の三塁打に適時二塁打と早速、効果が現れただけに「きょうもやろうかな」と話すなど、クリケットバットをすっかり気に入ったようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速