巨人「マイナーでも通用しない32歳」筒香狙う是非…大物加入ならまた若手の芽を摘む

公開日: 更新日:

 巨人DeNAが場外戦を演じているという。

「7日に日刊スポーツの東京版が報じた、【筒香 日本復帰】の1面記事です。米大リーグ・ジャイアンツとマイナー契約を結んでいた筒香(嘉智=32)が3月に退団。渡米5年目の今季もメジャーでの活躍の場を得られず、その時点で複数のメディアが【日本球界復帰も視野】と報じてはいました。が、今回の記事はさらに踏み込んでいて、すでに筒香の代理人が国内複数球団と交渉を行っており、巨人は複数年契約を提示しているとか。古巣のDeNAが変わらずラブコールを送り続けている中、記事では巨人が一歩も二歩もリードしているような書き方でした。8日朝には、スポニチも『DeNA復帰至らず 巨人筒香』と報じました」(球界関係者)

 実際、巨人は原前監督時代から、筒香が所属球団を失うたびに繰り返しアタックしてきた。阿部慎之助監督(45)が就任した今季は、外野のレギュラー候補として獲得したメジャー通算178本塁打のオドーアが、二軍調整を拒否して開幕直前に電撃退団。外野のレギュラーを固定できずにシーズンがスタートしており、日米通算223本塁打の筒香は補強ポイントに合致する。

 DeNAに連敗して迎えた7日は3-0で一矢を報いたものの、「3番・左翼」でスタメン出場した丸佳浩(34)が二回の守備から交代。初回の走塁で足に異変が生じた。阿部監督は「走っている姿があまり良くなかった。大事には至っていない。休み明けにはしっかり治して出てくれると思う」と軽傷を強調したが、丸は昨季も不振と故障に苦しんだ。今月11日に35歳になる年齢的にも楽観はできず、代理人を通じて条件提示を行っているという巨人が、いよいよ「筒香獲り」を加速させそうな状況になっているのは確かだ。

「とはいえ、です。日本では2014~19年に6年連続で20発以上をマークしている筒香ですが、20年に海を渡って以降はメジャーとマイナーを行ったり来たりで、22年からはマイナーでの出場も限られた。昨年は68試合出場にとどまり、米独立リーグでのプレーも強いられた。救世主になり得るかは、岩村や福留の例を見ても、微妙でしょう。

大物の加入は若手のチャンスを奪う。せっかく阿部監督がキャンプから競争意識をあおって、ともに2年目の萩尾(23)や浅野(19)、新人の佐々木(24)ら若い芽が出つつある状況です。左の大砲候補の秋広(21)もいる。計17年に及んだ原政権が終わり、ようやくチームが変わるタイミングを迎えた今年、同じようにツギハギ補強をやっていたら、同じことを繰り返すだけじゃないか」(巨人OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ