カブス今永昇太が誇るダルより凄い「MLB屈指の数値」と米メディア大注目の「ゴーストフォーク」

公開日: 更新日:

 カブス・今永昇太(30)が日本時間8日、大谷翔平(29)が所属するドジャース戦に先発予定。4年総額約77億円の好条件で入団したルーキー左腕は、メジャー屈指の強力打線を相手に2勝目を狙う。

 初勝利を挙げた前回2日のロッキーズ戦は六回2死までノーノーの快投を演じ、6回を2安打無失点、9奪三振で初勝利を挙げた。

 上々のデビューを果たした今永の球質はメジャーでもトップレベルだ。

 MLBが運営するデータサイト「ベースボール・サーバント」によれば、前回のロッキーズ戦で記録した直球の1分間あたりの回転数は最多で2558、平均2386(数字は5日現在)。回転効率を示すアクティブ・スピンレートは直球が98%、スプリットが94%だった。回転数が多く球質の良さで知られるパドレス・ダルビッシュ有(37)の直球89.1%(7位)、スプリット45.1%(2位)をともに上回った。

 メジャーは3月29日に本格的に開幕し、各球団とも先発の登板試合数が少ないため、サンプルが限られるものの、今永の直球の回転効率はマーリンズの左腕ルザード(99.1)に次いでメジャー2位に相当する。わずか1試合の登板とはいえ、奪三振率13.50は、20年ア・リーグのサイ・ヤング賞右腕ガーディアンズ・ビーバー(15.00)、昨季ナ・リーグ奪三振王でブレーブスの右腕ストライダー(14.40)に次いで3位だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた