ナ・リーグ東地区はブレーブスとフェリーズがガチンゴ対決!

公開日: 更新日:

ナ・リーグ東地区

 大リーグに詳しいスポーツライター・友成那智氏がレギュラーシーズンの行方を占う。

  ◇  ◇  ◇

 昨年、ブレーブスが序盤から首位を独走し104勝で地区優勝を果たした。圧倒的な強さを見せたのはアクーニャJr、オルソン、ライリーの大ブレークが同時にあったからだ。今年も同じことが起きるとは思えない。ブレーブスは得点力が「特上」レベルから「上」レベルに低下するだろう。一方、フィリーズは昨季前半、T・ターナーのWBC燃え尽き症候群やトミー・ジョン手術明けのハーパーが7月まで一発をほとんど打てなかったことなどで、前半戦は得点力が低かった。それでも最終的に「上」レベルの796得点を記録している。今季はハーパーの本塁打量産を期待でき、両チームの得点力は同レベルに見える。

 ローテはフィリーズがやや上、リリーフは層の厚いブレーブスに軍配が上がる。そんな拮抗した戦力を有する両者の優劣を決めるのはローテーション投手の稼働率で、ブレーブスに分がある。

 投手の育成力があるマーリンズは、昨年84勝してポストシーズンに進出したが、今季はサイ・ヤング賞投手のアルカンタラがトミー・ジョン手術で全休するのが痛い。メッツも、唯一、計算できる千賀滉大が肩の故障で1カ月以上出遅れる。序盤から勝率が5割を切る展開になりそうだ。ナショナルズは、全休が常態化したストラスバーグと、防御率5~6点台と低迷するコービン(ともに年俸約52億5000万円)の2人が、チームの年俸総額の半分以上を占めているため、年俸700万ドル以下の選手たちでチーム編成をせざるを得ず、多くを期待できない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  3. 3
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 4
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

  3. 8
    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

  4. 9
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  5. 10
    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”

    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”