ナ・リーグ中地区は名将・カウンセル監督率いる鈴木誠也&今永昇太のカブスが有利!

公開日: 更新日:

ナ・リーグ中地区

 大リーグに詳しいスポーツライター・友成那智氏がレギュラーシーズンの行方を占う。

  ◇  ◇  ◇

 優勝候補筆頭はカブスだ。最大のプラス要因は、ブルワーズのカウンセル監督の引き抜きに成功したことだ。カブスは、昨季、最後の最後でポストシーズン進出を逃したが、今季は策士カウンセル監督の巧みな用兵で勝ち試合が増えるとみられ、95勝くらいするかもしれない。

 カブスに次ぐのはレッズで、自前で有望な選手を育ててチームを強化する方針に転換した成果が出て投手、野手とも優秀な若手が顔を揃えるようになった。昨季はシーズン中盤にしばらく中地区首位に立っていたが、終盤スタミナ切れを起こして3位に終わった。最終的に勝ち越してシーズンを終えたことは大きな自信になり、今季こそという気持ちが強い。大化けする者が2人以上出れば、90勝前後まで星を伸ばす可能性がある。

 昨年、中地区を制したブルワーズは、名将を失っただけでなく、サイ・ヤング賞投手のバーンズをオリオールズにトレードしたため、負け越す可能性が出てきた。名門カージナルスは昨年、正捕手の交代に伴う混乱などで序盤に大きく負けが込み、33年ぶりに最下位に沈んだ。今季は打線が正常に機能し、チーム得点が「中の上」レベルに上昇するだろう。しかしオフに投手陣の補強を十分行わなかった。ローテ、ブルペンとも依然「中の下」レベルで、80勝が関の山ではないか。

 パイレーツは先発のオビエドとブルベイカーがトミー・ジョン手術で今季使えなくなり苦しい展開になりそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ