ナ・リーグ西地区は巨大戦力ドジャース独走でダル&松井のパドレスは蚊帳の外

公開日: 更新日:

ナ・リーグ西地区

 大リーグに詳しいスポーツライター・友成那智氏がレギュラーシーズンの行方を占う。

  ◇  ◇  ◇

 ここ数年、ドジャースが100勝以上して地区優勝というパターンが少なくない。今季は大谷翔平山本由伸の加入で戦力がさらにアップしており、9月半ばまでに大台をクリアする可能性が高い。

 ただ順調すぎる場合は危険要素を見落として、思わぬダメージを被ることがある。今年のドジャースに死角はないのか?

 それは投手陣に故障者が続出するケースだが、まず地区優勝を逃すことはないだろう。故障者が相次いで投手力が平均レベルまで落ちても、圧倒的な得点力があるため、6割以上の勝率をキープできるからだ。

 西地区は1位ではなくむしろ2位争いが焦点。2位の座を狙うのは、ダイヤモンド(D)バックス、ジャイアンツ、パドレスの3球団で、ロッキーズはまだ最下位を抜け出す戦力が整っていないので、厳しいだろう。

 2位の最有力候補はDバックス。昨季、8月に失速したが、9月に盛り返して何とか84勝し、5割から勝ち星が6つ超えただけでポストシーズン進出。8月のドジャース3連戦でガチンコ勝負を避けてエネルギーを温存できたため、ポストシーズンは好調でワールドシリーズまで進出した。一方のドジャースは、地区シリーズで敗退したので、Dバックスは同じパターンでポストシーズン進出を狙い、レギュラーシーズンでは87勝くらいを目標に、勝てるチームから確実に勝ち星を得ることに注力するだろう。オフの補強で弱体チームから高い確率で白星をマークできる昨季13勝のエドゥアルド・ロドリゲスを獲得したので大きな戦力になる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず