「チーム大谷」は機能不全だった…米メディア指摘「仰天すべき無能さ」がド正論すぎるワケ

公開日: 更新日:

「代理人や弁護士らは誰も日本語を話せないらしいが、借金返済のために大谷を利用した通訳以外の誰とも本当に話さなかったのか。だとすれば大谷サイドの仰天すべき無能さを示すと同時に、水原氏が大谷の人生に非常に深く食い込んでいたのを示すことになる」

 米「ヤフースポーツ」はこう看破した。

 日本時間26日、折からの違法賭博スキャンダルに関して大谷翔平(29=ドジャース)が会見。「賭博も送金もしていない」「彼(水原一平元通訳=39)が僕と僕の周りの皆にウソをついていたことになる」と疑惑を全否定した。

 通訳が大谷個人の銀行口座から7億円近い大金をどうやって送金したのかという疑問は残るが、大谷の説明が事実だとすれば、ヤフースポーツの指摘はもっとも。一連の騒動の過程で浮き彫りになったのは「チーム大谷」のずさんさ。それは米スポーツ専門局「ESPN」の取材を時系列で追っていくと明確になる。

 事件を把握したESPNが最初に大谷サイドに取材すると、対応した危機管理担当は「大谷が水原氏の借金を払っていた」と回答。「大谷自身も水原氏の借金を50万ドル単位で肩代わりしたことを代理人のバレロ氏に伝えた」とも言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽