センバツ2試合25Kの阿南光・吉岡暖 ネット裏スカウト掛け値なしの評価 「ドラフトでは…」

公開日: 更新日:

 14奪三振の圧巻投球だった。

 25日のセンバツ2回戦で熊本国府を相手に完封勝利を挙げたのが阿南光(徳島)の右腕・吉岡暖。わずか5安打に抑え、三塁を踏ませなかった。

 1回戦の豊川戦でも9回を投げ11三振を奪っており、2試合で計25奪三振となった。

 試合後、「立ち上がりが不安定で、ローボールの意識を持って投げました」と振り返った吉岡は、182センチ、85キロ。最速146キロの直球にカーブ、カットボール、スライダー、フォークと多彩な変化球で打者を翻弄する。中学時代には硬式のヤングリーグで全国制覇を経験。バックネット裏のセ・リーグのあるスカウトは「キレのある直球と落ちる変化球のコンビネーションが良かった」と、こう続ける。

「直球が高めに浮く傾向があるものの、低めに投じる変化球の制球力には目を見張るものがあり、特にカーブがいい。高めの直球でカウントを稼ぎ、追い込んでからは低めのカーブ、スプリット、スライダーを効果的に使い、空振りを量産している。今年の冬は比較的寒く、オフの時期にあまり投げ込めていないはずなのに、2試合連続で完投できるスタミナも魅力です」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」