DeNAドラ1度会隆輝に期待と不安の声…史上2人目「新人OP戦首位打者」も好調続く?

公開日: 更新日:

 DeNAドラフト1位新人・度会隆輝(21)がオープン戦の首位打者に輝いた。最終戦となった24日の日本ハム戦で3安打猛打賞。この日の5打席で規定打席に到達し、打率.434と堂々の12球団トップで初めての開幕を迎える。

 新人のオープン戦首位打者は、ドラフト制導入後ではプロ野球史上2人目の快挙。

 SNSなどでは、《エグい》《バケモン》《久々に野手のスターが爆誕》と祝福する声があふれる中、《アジャ以来か…》《シーズンは別物》《開幕後が心配》という声も。確かに、2014年に史上初のオープン戦新人首位打者を獲得したロッテの「アジャ」こと井上晴哉は、シーズン開幕後に当たりがパタッと止まった。

 3、4月の18試合で打率.200と極度の不振に陥り、5月2日には二軍落ち。結局、ルーキーイヤーのこの年は36試合の出場で打率.211、2本塁打、7打点に終わった。オープン戦の好結果により、他球団の徹底マークと厳しい攻めにあい、プロの厳しさを思い知らされた。

 度会は、パワーヒッターの井上とはタイプが違いバットコントロールにたけた中距離打者。現役時代に2年連続首位打者を獲得した鈴木尚典打撃コーチをして、「天性の打撃センスを持っている」と言わしめ、「失敗を引きずらない天真爛漫さもプロでは大きな武器になる」と太鼓判を押すから、心配はなさそうだが……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?