度会隆輝OP戦.429でDeNA開幕1番ほぼ確定 首位打者2度のコーチも脱帽「0から100」の打撃術

公開日: 更新日:

「開幕1番」は間違いなさそうだ。

 DeNAドラフト1位新人・度会隆輝(21=ENEOS)が10日、「1番・右翼」で先発出場した西武戦で対外試合10試合連続安打。初回に西武・松本の148キロを右前にはじき返し、オープン戦打率.429と好調をキープしている。

 プロの速球、変化球に対応するバットコントロールに加え、キャンプのフリー打撃ではその飛距離にも注目が集まった。183センチ、83キロの体はまだ線の細さが先に立つ印象だが、鈴木尚典打撃コーチに聞くと、こう言った。

「今の体を効率よく最大限に使えるから飛距離も出る。特筆すべきは、インパクト。バットにボールが当たる瞬間に100の力を集約できる。構えてからトップ、振り下ろすまでは余計な力が入らず、極端に言えば、0から100でボールを捉えるイメージですね」

 現役時代に2年連続首位打者を獲得、“ハマの安打製造機”と言われた鈴木コーチをして、「言葉で言うのは簡単ですけど、これは誰にでもできることじゃない。すごいです。天性」とまで言わしめるのである。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  3. 3
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

  1. 6
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

  3. 8
    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

  4. 9
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  5. 10
    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!

    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!