青学大・西川史礁が巨人ドラ1筆頭候補!岡本メジャー流出想定で“右の大砲”補強が最重要課題

公開日: 更新日:

 6日の第1戦で衝撃の侍ジャパンデビューを果たした青学大の西川史礁(3年)が、7日の欧州代表との第2戦も躍動した。

「1番・中堅」でスタメン出場。初回に投手強襲安打を放つなど5打数1安打。七回の守備ではダイビングキャッチの好プレーもあった。前日の第1戦は途中出場で2安打1打点。試合をチェックしたプロのスカウトの評価もうなぎ上りだ。

 侍ジャパンの井端監督は今回、西川の他に宗山塁(明大)、金丸夢斗(関大)、中村優斗(愛工大)と今秋のドラフト上位候補の大学生4人を選んだ。

 アマチュアナンバーワン遊撃手として、今秋ドラフトの目玉候補といわれる宗山は、右肩甲骨骨折が判明したため、出場できなかった。それでも、西川、金丸、中村が躍動。特に腰を浮かせたのは、水野スカウト部長が視察した巨人である。さる球界関係者がこう言う。

「初戦の前に遊撃手の宗山が故障で出られないことが発覚。さぞ残念がっていると思ったら、巨人は西川が目当てだったようです」

 龍谷大平安出身の西川は、青学大3年春に4番に定着し、打率.364、3本塁打、10打点。MVPとベストナインの2冠に輝いた。昨年の日米大学選手権では全5試合で代表の4番を務め、打率.316。今回の侍ジャパンでさらに名前を売った。前出の関係者がこう続ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?