日本ハム新庄監督は勝負の3年目…オープン戦好調も若手の台頭なくして”上がり目”ナシ

公開日: 更新日:

 日本ハムがオープン戦で気を吐いている。7日の西武戦も7-1で勝利し、ここまで5試合で4勝1分。ソフトバンクと並んでオープン戦首位だ。

 新庄剛志監督(52)は就任1年目の一昨年のシーズンをトライアウトと称し、全ての支配下選手に出場機会を設け、一年を選手の見極めに費やした。トライアウトの結果をもとに勝負した昨季だが、チームは低迷。借金22の2年連続最下位に終わった。もともと3年で一区切りとしていた今季は勝負の年。負ければ監督の退任は必至だろう。

 今季はメジャー通算108本塁打を誇るレイエス(28)や、昨季メジャー60試合登板のバーヘイゲン(33)、更にはオリックスからFAの山崎福也(31)を獲得。総額10億円超の大補強を敢行した。「今季こそは」と期待が高まる一方で、ある球団OBは、「オープン戦で外国人や中堅選手が打ってはいるが、若手はまだまだアピール不足。不安は残ります」と、こう続ける。

「昨季はスコアだけ見ると僅差で負けた惜しいゲームが多かったけど、試合の内容を見ると1点差ゲーム17勝31敗、サヨナラ負け12度はともにリーグワースト。ここぞの場面での球際の弱さが結果にハッキリと表れていました。新庄監督が就任して以降、経験と実績のあるベテランを放出し、一度チームをぶち壊してから若手中心のチームを作り、優勝を目指してきた。万波中正(23)が昨季、25本塁打を放つなどブレイクしたものの、打線のつながりや、個々の役割分担という観点から見ると、チームはまだまとまりに欠けているのが現状。いくら補強したところでチームの土台となる若手の台頭なくして、上がり目はありません」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  3. 3
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 4
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

  3. 8
    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

  4. 9
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  5. 10
    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”

    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”