ソシエダ久保建英 ベンチにいても際立った資産価値…CLの5日パリ・サンジェルマン戦に備えて温存か

公開日: 更新日:

 アジア杯から公式戦6試合連続で先発出場を続けていたスペイン1部レアル・ソシエダ所属の日本代表FW久保建英(22)が、2日のセビリアとのアウェー戦はベンチウオーマー。同じ主軸組のMFオヤルサバル、MFメリノ、DFノルマンもベンチを温めた。

 5日にホームで行われる強豪パリSGとのCLラウンド16の第2戦を見据えて温存されたのだが、飛車角抜きのソシエダは常にリードを許す苦しい展開。2-3の敗戦を喫し、直近6試合で5敗目となってリーグ戦順位は7位にダウンした。来季のCL出場圏内(上位4チーム)はもちろんのこと、EL(5位)とECL(6位)も出場圏外に甘んじている。

 地元の有力メディアは「パリSG戦のことを考え過ぎて補欠だらけのソシエダには憂鬱な結果となった」とアルグアシル監督の選手起用に疑問符を付けた。

 確かに地元のパリSG戦に備え主力のコンディションを万全にしたいのも分かる。しかし第1戦を0-2で落としているソシエダが勝ち上がるには3-0の勝利が必要。同戦で可能性の低い大差勝ちを狙うため来季のEL出場につながるリーグ戦をないがしろにしている場合ではない。「ソシエダには<久保をオフに高値で売る>という思惑がある」と某サッカー関係者がこう続ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  4. 4
    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

  2. 7
    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

  3. 8
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  4. 9
    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

  5. 10
    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情

    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情