大谷翔平が快音連発で新婚初の猛打賞! 3戦連続安打でオープン戦打率は驚異の.714

公開日: 更新日:

 日本時間2月29日に結婚を発表したドジャース大谷翔平(29)が好調な打撃を披露している。

 4日、アリゾナ州グレンデールでロッキーズとのオープン戦に「2番・DH」で出場し、3打数3安打2打点。オープン戦初の複数安打となる猛打賞で、これで今オープン戦は3戦連続安打と快音を響かせた。

 相手先発は左腕ゴンバー。昨季、キャリアハイの9勝(9敗)を挙げた同地区のライバル球団のエース格に対し、無死一塁で迎えた第1打席はカウント1-2から低めの変化球を捉えて右前打。続くフリーマンの先制適時打をお膳立てした。第2打席は二回1死二塁の好機に、甘く入った直球を見逃さず、飛距離約129メートル、打球速度約188キロの強烈な当たりで中堅フェンス直撃の適時三塁打を放った。

 オープン戦とはいえ、大谷の当たりは止まらない。三回1死一、二塁の好機に、ローテ入りを狙う若手右腕のデービス(26)を攻略し、右前に2打席連続の適時打を放った。

 これでオープン戦は7打数5安打の打率.714、出塁率と長打率を合わせたOPSは2.206。オープン戦に初出場した先月28日のホワイトソックス戦で新天地1号を放って、昨年9月に受けた右肘靱帯修復手術からの順調な回復ぶりをアピール。2日のガーディアンズ戦では走塁の際、右手小指を痛めて打撃への影響を不安視されたが、「日本人女性」との結婚発表を機に、さらに調子を上げ始めたようだ。

 パドレス・ダルビッシュ有(37)はマリナーズ戦で3回3分の1を4安打2失点、6奪三振だった。(つづく=関連記事【続きを読む】につづく)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  4. 4
    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

  2. 7
    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

  3. 8
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  4. 9
    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

  5. 10
    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情

    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情