3月場所で陸奥部屋閉鎖…相撲部屋は継承よりも「独立ラッシュ」突入待ったなし

公開日: 更新日:

 JR両国駅からも国技館からも徒歩1分。最高の立地であるはずの陸奥部屋が、3月場所限りで閉鎖する。昨1日、陸奥親方(元大関霧島)が明らかにした。

 陸奥親方は4月に65歳の定年を迎える。再雇用制度を使えば70歳まで「参与」として相撲協会に残れるものの、参与は師匠、つまり部屋を持てない。部屋を存続させるためには後継者を決めなければいけなかったが、誰も手を挙げる者がおらず、所属していた元横綱鶴竜の音羽山親方も昨年12月に独立した。

 古株の親方は「今後は継承せず、独立する親方が今以上に増えるのでは」と、こう続ける。

「確かに部屋を継承するメリットはある。土地と建物は最初からあるし、タニマチや後援会など、部屋として持っていた基盤もそのまま引き継げますからね。ただ、トラブルも起きやすい。ほとんどの場合、相撲部屋は師匠の自宅も兼ねています。一番多いのは金銭トラブルです」

 カネの切れ目が縁の切れ目とはよくある話だ。

「ある部屋では先代一家が家賃を急に値上げし、支払いをめぐって師弟で大ゲンカ。家賃を滞納し、実際に訴訟を起こされた師匠もいる。部屋の経営方針で口論なんて、日常茶飯事ですよ。カネ以外でも先代が同居という形はトラブルを招きやすい。最近だと元高砂親方の朝潮がコロナ禍の外出禁止期間中に朝乃山を飲みに連れ回していたことがバレて、協会を退職した。もちろん、先代から継承された部屋すべてで揉め事が起きているわけではないが、厄介の種になりかねないのも事実です」(前出の親方)

 部屋の新設にはカネがかかるが、それでも「先代と同居よりマシ」と考える力士は少なくない。

 両国駅前、「ちゃんこ霧島」の真裏にある陸奥部屋。当分は、空き家となりそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う