侍Jメンバーですら「女の影を感じたことすらない」…結婚発表まで情報漏れ防いだ大谷翔平の鉄壁ディフェンス

公開日: 更新日:

 世界に衝撃が走った。

 ドジャース大谷翔平(29)が29日、自身のインスタグラムで「日本人女性」との結婚を電撃発表。日本語と英語で、「温かく見守っていただければ幸いです」「(相手は)僕にとっては特別な人」などと記し、日本はもちろん、米国でも祝福と驚きが広がった。

 球界も同様で、

「そもそも、翔平にそういう相手がいたことにビックリした。あいつから女の影を感じたことすらない。知っている人は誰もいないでしょ」

 とは、侍ジャパンで大谷と同じ釜の飯を食った某選手。代表を通じて親交を深めたというこの選手ですら「いや、信じられない」と目を白黒させるのだから、「大谷のご両親と水原一平通訳以外では、もしかしたら(同級生で仲のいいカブスの鈴木)誠也が知っていたくらいじゃないですか」というのも、あながち大げさではないだろう。

 日本ハム時代から浮いた話は皆無に等しく、「休日? やることがないので練習しています」という野球第一のストイックな生活を送ってきた大谷が、その裏では人知れず愛を育んでいたわけだ。一切の情報漏洩を防いだその鉄壁のディフェンス力も称賛に値する。(つづく)

  ◇  ◇  ◇

●関連記事【続きを読む】…では、不吉すぎる「新婚ジンクス」について詳しく報じている。実は松井秀喜イチロー、ダルビッシュ、田中将大なども新婚1年目に苦い思い出があり――。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う