ドジャース大谷「1000億円超契約」責任と重圧…術後“最速ペース”復帰が物語る強い意欲

公開日: 更新日:

 ドジャース大谷翔平(29)が新天地デビューを果たした。

 去年の9月19日にメスを入れてから162日。オープン戦とはいえ、右肘手術から史上最速の160日で戦列に戻った昨季のフィリーズ・ハーパー内野手(31)に匹敵する早期復帰だ。

 大谷が韓国での開幕シリーズ(3月20、21日)までにライブBPやオープン戦を通じて50打席は立ちたいとロバーツ監督に要求したのは、ハーパーの復帰スケジュールを参考にしたからだろう。

 一昨年オフ、右肘にメスを入れたハーパーは術後の経過が良かったこともあり、大谷の執刀医でもあるニール・エラトロッシュ氏から、リハビリメニューの削減が許可された。そしてマイナーでの実戦を経ずにライブBPを行っただけで、ぶっつけ本番となる5月2日のドジャース戦で復帰した。

 復帰後は約2カ月間、振るわなかったものの、なにせ右肘にメスを入れたのは前年の11月。開幕早々、靱帯を損傷しながらレギュラーシーズンはもちろん、ワールドシリーズまでプレーしたからで、エンゼルス時代の大谷のように早々とシーズンが終わっていればさっさと手術を受けてオープン戦から実戦を重ねたはずだ。ハーパーはシーズンを追うごとに調子を上げ、126試合で打率.293、21本塁打、72打点。2年連続ポストシーズン進出に貢献した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

  4. 4
    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

  5. 5
    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

  1. 6
    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

  2. 7
    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

  3. 8
    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

  4. 9
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  5. 10
    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”

    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”