伊藤美誠の“監督ぶり”を中国メディアも大絶賛!パリ五輪「卓球日本代表アドバイザー」待望論まで急浮上

公開日: 更新日:

 決勝で日本女子が最強中国を追い詰めた卓球の世界選手権団体戦。5大会連続の銀メダルと悔しい結果に終わったものの、
日本の善戦とともに話題になったのが、ベンチからチームメイトに助言をする伊藤美誠(23)の“監督”ぶりだった。

 チームの中で最も中国選手を知る選手と言っても過言ではない伊藤が、試合中に相手選手の分析や戦術など、的確で細かいアドバイスを張本美和(15)、早田ひな(23)、平野美宇(23)の3人に送る姿に、中国メディアも「将来、(伊藤が)コーチとなって中国と戦うことになるかもしれない」と報じたほどだった。伊藤の助言に口を挟まず、ほぼ黙って横に立っていた渡辺武弘監督も、別の意味で立派だった。

 パリ五輪代表に落選した伊藤は、今もリザーブとしての参加を拒否。「五輪のリザーブは今後将来を背負う選手が経験すべき」という考えを変えていない。強化本部も伊藤の発言を尊重すると見られているが、東京五輪では混合ダブルス金、団体銀、シングルス銅と3色のメダルを手にした「日本卓球会の宝」(渡辺監督)は、今大会の代表では唯一のオリンピアン。しかも中国選手との対戦経験も豊富で相手の分析に長けている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  2. 2
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 3
    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

  4. 4
    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

  5. 5
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  1. 6
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  3. 8
    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

  4. 9
    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

  5. 10
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず