秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

【DeNA編】メジャー流出今永昇太の穴…森唯斗や小園健太ら新戦力でカバーできるか

公開日: 更新日:

 2022年に11勝、昨季7勝でカブスに移籍したエース今永昇太(30)の穴は埋まるのか。

 三浦大輔監督(50)は、「一人では埋まらない。新しい人が何人か出てきてくれれば」と言った。

 まずはソフトバンクを自由契約となり、新たに加わった森唯斗(32)だ。18年に抑えとして37セーブを挙げ、最多セーブのタイトルを獲得したが、DeNAでは昨季から転向した「先発」で勝負する。

 2人目は元ドラフト1位で高卒3年目の小園健太(20)。10日の紅白戦で2回5安打2失点だったものの、「将来のエース候補」と指揮官の期待値は高い。
新外国人右腕のアンドレ・ジャクソン(27=パイレーツ)は早くも154キロをマーク。左腕のアンソニー・ケイ(28=メッツ)も150キロを出した。ともに先発ローテ入りを目指している。

 三浦監督に「ウイークポイントだった抑えは?」と聞くと、「白紙です」と即答。昨年までは山崎康晃(31)が痛打されるケースが目立った。現時点では伊勢大夢(25)が筆頭候補とみる。22年にはセットアッパーとして両リーグ最多の71試合、昨季は58試合に登板してチームを支えた。昨季17セーブを挙げた森原康平(32)の評価も高い。三浦監督は「抑えは競争して勝ち取ってほしい」と言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 2
    悠仁さまは昆虫学を究めたいと望むも…「自然誌を学ぶ大学」が玉川大学ではなく東大が濃厚なワケ

    悠仁さまは昆虫学を究めたいと望むも…「自然誌を学ぶ大学」が玉川大学ではなく東大が濃厚なワケ

  3. 3
    『ザ・ノンフィクション』話題の婚活回で“パロディー”にもなった50代男性の現在

    『ザ・ノンフィクション』話題の婚活回で“パロディー”にもなった50代男性の現在

  4. 4
    7カ月遅れで完成…岡田准一&宮崎あおい“5億円豪邸”の評判

    7カ月遅れで完成…岡田准一&宮崎あおい“5億円豪邸”の評判

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 7
    「らんまん」語りで8年ぶり地上波連ドラ出演も…宮崎あおい“不倫・略奪”に今も女性の拒否反応

    「らんまん」語りで8年ぶり地上波連ドラ出演も…宮崎あおい“不倫・略奪”に今も女性の拒否反応

  3. 8
    小室圭さん“年収倍増”報道で《お前らが努力しなかった10年で年収3800万円になった》投稿が話題

    小室圭さん“年収倍増”報道で《お前らが努力しなかった10年で年収3800万円になった》投稿が話題

  4. 9
    STARTO本格始動で際立つ日テレのシタタカさ…TV各局×旧ジャニーズ“蜜月濃度”には微妙な変化

    STARTO本格始動で際立つ日テレのシタタカさ…TV各局×旧ジャニーズ“蜜月濃度”には微妙な変化

  5. 10
    小池都知事は次の選挙で「カイロ大卒」と記すのか 学歴詐称疑惑再燃で「選挙公報」に注目集まる理由

    小池都知事は次の選挙で「カイロ大卒」と記すのか 学歴詐称疑惑再燃で「選挙公報」に注目集まる理由