元横綱・白鵬の「師匠代行」玉垣親方の素性と評判…異色の経歴、27歳で角界入りの元教師

公開日: 更新日:

 関連記事【相撲協会をブチギレさせた白鵬の姑息なメディア工作、イジメ黙認、変わらぬ傲慢ぶり】からつづく。

 ◇  ◇  ◇

 肩身が狭くなったとしても、自業自得である。

 弟子の暴力と隠蔽、側近による口止め工作がバレて、2階級降格処分と20%減俸3カ月の厳罰を食らった宮城野親方(38=元横綱白鵬)。理事会では「師匠としての素養や自覚が大きく欠如している」と喝破され、“師匠”を剥奪。3月場所は同じ伊勢ケ浜一門に所属する大島部屋付きの玉垣親方(59=元小結智乃花)が師匠代行として、宮城野部屋の力士の面倒を見るという。

 玉垣親方は1964年、熊本県生まれ。日大相撲部出身で、卒業後は高校で保健体育の教師を務めていたものの、175センチ、117キロの自身より小兵の舞の海(171センチ、96.5キロ)の活躍に触発され、27歳で立浪部屋に入門。異色の経歴ながら、技能賞2回の業師として人気を博した。

「部屋持ちの経験はないが、元々教師だったからか教え方は丁寧と評判です。以前話した時は、『若い子がどんどん入ってきているが、全員が出世できるわけではない。角界を去っていく子たちのためにも、社会に出て通用するような人間教育をするのが自分の役目』と話していた」(角界OB)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  2. 2
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 3
    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

  4. 4
    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

  5. 5
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  1. 6
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  3. 8
    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

  4. 9
    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

  5. 10
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず