渋野日向子が「今季こそ期待できる」理由を専門家が解説 初戦2日目に「66」と爆発!

公開日: 更新日:

【ホンダLPGAタイランド】第2日

「今季は期待できる」

 そう思わせたのが、ホンダLPGAタイランド2日目(タイ・サイアムCC=6576ヤード、パー72)の渋野日向子(25)だ。

 イーブンパー51位からの10番スタートでいきなりバーディー。4つのパー5すべてでスコアを伸ばし、7バーディー1ボギーの66と爆発。通算6アンダーは首位に4打差の17位に浮上した。

 昨年は再び青木翔コーチの元を離れ、上田桃子(37)や吉田優利(23)などを指導する辻村明志コーチに師事。今季初戦となる今大会は、昨年よりトップの位置がやや高くなった。アドレスに入るとバックスイングでクラブをインサイドに引かぬよう、縦の動きを意識するルーティンを行ってから、スイングをスタートしている。

 渋野の新しいスイングについて並木俊明プロがこう語る。

「昨年はトップの位置が低かった。バックスイングをインサイドに引き、とくに長クラブはインパクト前に寝てしまい、ボールに対してヘッドが下から入っていた。ボールは上がらないし、つま先下がりや左足下がりのライでボールがつかまらなかった。体にキレがあるときはまだいいが、腰が止まると左へいくし、それを警戒すると、今度は右へミスする。その繰り返しだった。今は申ジエのようにアイアンのヘッドを上から入れたいのでしょう。スイング前のルーティンからそれが伝わるし、実際に去年より打ち方はよくなっている」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う