オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

公開日: 更新日:

吉田輝星(オリックス・23歳・投手)

 昨年11月、黒木優太とのトレードで日本ハムから移籍した。「金農旋風」で甲子園の話題を独占し、2018年のドラフト1位で入団してから5年、古巣では通算64試合の登板で3勝9敗、防御率6.23と満足のいく結果は残せなかった。昨季は3試合の登板にとどまり、防御率9.00。新天地で再起を誓う右腕に移籍の心境や古巣への思いなどを直撃した。

【写真】この記事の関連写真を見る(10枚)

  ◇  ◇  ◇

 ──トレードが決まった時の心境は?

「活躍できずに悔しいです。それに(日本ハムの)スカウトの方とか栗山前監督にもすごく声をかけてもらっていましたので、すごく申し訳ないという気持ちです」

 ──5年間の日本ハム時代を振り返って。

「中学や高校の3年間よりも、5年という長い時間を過ごしたチームだったので、いろんな人とも仲良くなりましたし、感謝しかないです。プロのイロハを教えてもらいましたし、プロ野球のことをいろいろと学べたので、その経験を今後活躍できるように生かしていきたいです」

 ──日本ハムのファンにも期待された。

「ファイターズのファンの方は、スリーボールになった時に拍手をしてくれたり、ファンの文化なのかわからないんですけど、すごく選手に寄り添ってくれている印象があるので、そこに関しても感謝しかないです」

 ──思うような結果を残せなかった原因は?

「これという要因はわかりません。その正解にたどり着いていない時点で努力が足りていなかったのかなと。ただ、いろいろと試行錯誤しましたが、その中で経験することも多かったですし、ひとつひとつを後悔するよりは、今後に生かしていかなければなと思っています」

 ──2022年に新庄監督が就任してチームはどう変わりましたか?

「新庄監督はテレビとかで見るそのままの人で、すごい話しかけてもくれますし、野球の指導とかもいろいろとしてくれる。それに選手に自信を持たせることがとてもうまい人ですね。(22年の春季キャンプで臨時コーチとして指導を受けた)藤川球児さんを呼んでくれたのも新庄さんだと思いますし、僕が抑えた翌日でも練習中のキャッチボールで、自分ではわからない外から見た発見を教えてくれていました」

 ──その新庄監督はシーズン中もトライアウトと称して選手の力量を見極めることに時間を費やした。戸惑いもあったのでは?

「自分も含めて、選手たちは別にトライアウトっていう感覚はなく毎試合ちゃんと抑えたいと一生懸命やっていました。僕にとっては試合に出られるチャンスも増えましたし、そういった面では戸惑いはなかったです。僕は新庄監督にものすごく自信を持たせてもらったひとりですし、僕に修正しなければいけなかったことが多かったということもあると思うのですけど、新庄監督には特に気にかけてもらいました。新庄監督にはみんな、僕と同じようにいいところは褒めてもらって、さまざまな指摘ももらった。みんなが良い雰囲気で取り組んでいたと思います」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う