阪神・岡田監督「今季最大のライバルは巨人」は本気か、リップサービスか?

公開日: 更新日:

「ライバルはやっぱり巨人やろ」

 これ、阪神岡田彰布監督(66)のセリフである。今キャンプ中、馴染みのOBや評論家から球団初のリーグ連覇への自信を聞かれるたび、

「あそこはもともと戦力があるわけやし、そこへもってきて監督が代わった。それに、今年の巨人は(球団創設)90周年やろ。そら、去年とは雰囲気が違ってくるよ」

 と、決まって宿敵への警戒心を口にしているというのだ。

 昨季の対戦成績は阪神の18勝6敗1分け。開幕前から、「別に意識せえへんよ。どこに勝っても1勝は1勝」と相手にせず、結果的にコテンパンにやっつけ、同世代の盟友である原監督に引導を渡した。それが今年は、昨季2位の広島・新井監督には「おまえんとこは相手にしてへん」と本気とも冗談とも取れる口調で言う一方、阿部慎之助監督(44)が就任した巨人を連覇の最大の障壁と認めている。

 阪神OBがこう言う。

「巨人は最大の課題だったリリーフの補強がうまくいった。阿部監督がふるい落としに悩むくらいの陣容で、これは岡田監督も『中(の投手)の層が厚くなったわな』と評価していた。ただ、一番の補強は『監督交代』という認識です。実は、昨年も開幕前から『侮れんよ』と最も警戒していたのが、佐々岡監督から新井監督に代わった広島でした。岡田監督の見立て通り、広島は前年5位から2位に躍進。監督が代われば、選手が替わり、野球が変わる。なによりチーム全体のモチベーションが上がることが分かってますからね。監督交代が結果に結びつかないケースももちろん多いですが、岡田監督はその辺の嗅覚というか、感覚は鋭いですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ