元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

公開日: 更新日:

 これは理事から理事長への階段を上がりたい宮城野親方(38=元横綱白鵬)にとって大きな痛手になる。

 日本相撲協会のコンプライアンス委員会が、宮城野親方の委員から年寄への2階級降格と減俸の処分案をまとめた。弟子の幕内北青鵬(22)が同部屋の後輩力士に繰り返し暴力を振るっていたことが判明し、親方としての監督責任を問われたのだ。

 当の北青鵬は引退勧告が妥当とされ、本人は処分を受け入れる方向らしい。

 21日にコンプライアンス委員会の会合で処分を通告された宮城野親方は、報道陣に対して無言だった。

 2年に1回行われる相撲協会の理事選は今年の1月下旬に行われ、定員の10人が立候補したため3期連続の無投票に。宮城野親方は一時、所属する伊勢ケ浜一門から理事選に立候補するウワサがあったものの、昨年11月の一門会で出馬の意向がないことを明かしていた。

「宮城野親方は将来、相撲協会の理事長になる野望をもっています。そのためにはまず、理事になる必要がありますが、今回は出馬を断念した。所属する伊勢ケ浜一門からは元大関魁皇の浅香山親方が出馬することになっていたし、当選に必要なだけの票を集めることが不可能だと判断したからです。2年後、もしくはその先の理事選に備えるつもりでしょうが、今回の2階級降格は大きな痛手。なにしろ解雇、引退もしくは退職勧告に次いで3番目に重い処分を受けたわけですから、今後に響きますよ」(ある親方)

 そもそも宮城野親方は現役時代から横綱らしからぬ発言や振る舞いが問題視されていた。協会には苦情の電話や投書が山ほど寄せられ、現執行部から注意されたことも数知れず。ただでさえ“問題児”が弟子の監督責任を問われて重い処分を食らったのだから、野望はますます遠ざかったと言わざるを得ない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  2. 2
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 3
    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

  4. 4
    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

  5. 5
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  1. 6
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  3. 8
    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

  4. 9
    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

  5. 10
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず