ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

公開日: 更新日:

山川穂高(ソフトバンク・32歳・内野手)

 フリー打撃では連日、柵越えを連発するたびに、グラウンドはスタンドのファンからの拍手と歓声に包まれる。山川穂高の打撃練習は、ソフトバンクキャンプの名物になりつつある。

【写真】この記事の関連写真を見る(10枚)

 西武からFA移籍した「どすこい大砲」は西武時代の昨季、知人女性に対する強制性交容疑で警視庁に書類送検され、大きな批判を浴びた。不起訴処分となったものの、球団からも事実上の無期限謹慎処分を科され、わずか17試合出場にとどまった。

 ソフトバンクでの移籍会見では「厳しい声があがるのは当然。野球で結果を出して許してくださいとは思っていない。マイナスからのスタートなので欲を出さずに目の前のことを一歩一歩やっていきます」と騒動に対する謝罪が大半を占めたものの、ネット上での罵詈雑言は相変わらず。今季、定位置の一塁に入れば、生え抜きの人気選手である中村晃(34)が一塁からはじき出されるため、またぞろ炎上の火種になりかねない。大逆風にさらされながらも新天地でプレーする決断をした山川は、どんな心境でキャンプを過ごしているのか。特打を終えたばかりの背番号「25」を直撃した。

  ◇  ◇  ◇

 ──キャンプも第5クールに突入。チームの環境、雰囲気は西武とは違いますか?

「まだわからないというか……(西武とは)違うのは違うんですけど、それによって何かを変えるとかはないですね。僕はここのチームのルールや雰囲気に合わせてやっている、という感じです」

 ──西武と練習メニューなどで違う点は?

「ある程度はありますけど、そこまで大きくは変わらないです。特に問題ないですよ」

 ──自主トレ仲間である砂川リチャードを熱心に指導している。他の若手にアドバイスをしたり、何かを聞かれることは?

「雑談程度で話してくる若手は何人かいますよ。でも、『バッティングを教えてください』とか、そういう感じではなく、『打席に入ったとき、どんなことを意識していますか?』というような質問ですね」

 ──仲が良い選手は?

「基本的にリチャードや嶺井など、沖縄出身の選手です。この間も『沖縄県人会』をやりました。一軍には侍ジャパンで一緒にプレーした選手もいるので、彼らとは仲良くしています」

 ──ソフトバンクは昨季、3年連続でV逸に終わった。本塁打王3回、打点王1回を獲得したあなたへの期待は大きい。

「僕は僕にできることしかできないので、そこを精いっぱいやるだけです。その後で結果がついてくる。だから、重圧などの外的要素は、今のところはあまり考えていません」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  2. 2
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 3
    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

  4. 4
    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

  5. 5
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  1. 6
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  3. 8
    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

  4. 9
    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

  5. 10
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず