在籍5年でわずか3勝…ソフトBスチュワート・ジュニアが語る「ニッポンとカツカレー」

公開日: 更新日:

 来日5年目の昨季、ソフトバンクのスチュワート・ジュニア(24)はようやくプロ初勝利を挙げた。米フロリダ州出身で、地元の高校を卒業後にメジャーのドラフト会議でブレーブスから1巡目指名されたが、右手首の異常が判明したことで契約金を減額され、入団合意に至らず。2019年5月に6年700万ドル(約7億7000万円=当時レート)でソフトバンクに入団した。

 異例の逆輸入選手として話題をさらったものの、在籍5年間で25試合登板、3勝8敗、防御率4.01にとどまっている。

「(14試合で77回3分の1を投げた)昨年は実際に一流の選手と対戦して、一軍のバッターの攻め方など、とても学ぶことが多かったです。大型契約のプレッシャー? 球団とかチームからはプレッシャーを感じなかったけど、どちらかというと自分でプレッシャーをかけていました。19歳の時に初めて日本にきて、正直に言いますと、全て完璧にいっていれば2年くらい前から一軍で活躍できたかもしれない。いろいろとつらい思いはしましたが、振り返ってみると選手としても人間としても成長する必要が自分にはあったと思います。今になって生きていることもありますし、後悔というものは一切ないです。全てのことに必ず意味があると思っています」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ニューヨーク2球団とファンが抱く山本由伸への壮絶怨恨 フラれた挙げ句、火に油を注がれ…

    ニューヨーク2球団とファンが抱く山本由伸への壮絶怨恨 フラれた挙げ句、火に油を注がれ…

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  5. 5
    杉田水脈議員が“裏金”で通っていたスナックのママを直撃!赤旗に宛名ナシ領収書スッパ抜かれた

    杉田水脈議員が“裏金”で通っていたスナックのママを直撃!赤旗に宛名ナシ領収書スッパ抜かれた

  1. 6
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

  2. 7
    阪神・大山悠輔「4年16億円」争奪戦勃発に現実味…評価を押し上げた「目に見える数字」以上の価値

    阪神・大山悠輔「4年16億円」争奪戦勃発に現実味…評価を押し上げた「目に見える数字」以上の価値

  3. 8
    大阪万博またまた軌道修正…赤字が出れば出るほど経済効果が上がる摩訶不思議

    大阪万博またまた軌道修正…赤字が出れば出るほど経済効果が上がる摩訶不思議

  4. 9
    山本由伸がドジャースから「投手史上最高額12年465億円」を引き出した手練手管と舞台裏

    山本由伸がドジャースから「投手史上最高額12年465億円」を引き出した手練手管と舞台裏

  5. 10
    冨永愛と不倫報道 記者招き入れ釈明した長渕剛“変節”のウラ

    冨永愛と不倫報道 記者招き入れ釈明した長渕剛“変節”のウラ