友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

メッツGMにスキャンダル頻発「本当の理由」…現オーナーで早くも3人目の“クビ”

公開日: 更新日:

 メッツのエプラー前GM(昨年10月に辞任)が負傷者リスト(IL)を不正に利用して40人枠(メジャー枠)に空きをつくっていたことが内部告発によって発覚、MLBから1シーズン活動停止処分を受けた。

 この一件には、ひとつ奇妙な点がある。GMが不正行為を働いて処分を受けたケースは過去にもあり、2020年1月には球団ぐるみでサイン盗みをしていたとしてアストロズのルーノウGM(当時)が職務停止になり、16年9月にはパドレスのプレラーGMが投手にヒジの故障歴があることを隠してマーリンズにトレードしたことが発覚し、30試合活動停止になった。このようにGMが処分されるときは、必ず具体的な「罪状」が示されるのに、今回エプラーGMに関してはそれがないのだ。米国のメディアの中には、前年(22年)は正捕手格だったニドが、エプラーGMが大物捕手ナルバエスを獲得したことで控え捕手に降格。大して不調でもないのに「視力障害」を理由に60日間の負傷者リストに入れられ、ナルバエスに取って代わられたことに、強い反発があり、それが「内部告発」につながったとみる向きもある。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ニューヨーク2球団とファンが抱く山本由伸への壮絶怨恨 フラれた挙げ句、火に油を注がれ…

    ニューヨーク2球団とファンが抱く山本由伸への壮絶怨恨 フラれた挙げ句、火に油を注がれ…

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  5. 5
    杉田水脈議員が“裏金”で通っていたスナックのママを直撃!赤旗に宛名ナシ領収書スッパ抜かれた

    杉田水脈議員が“裏金”で通っていたスナックのママを直撃!赤旗に宛名ナシ領収書スッパ抜かれた

  1. 6
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

  2. 7
    阪神・大山悠輔「4年16億円」争奪戦勃発に現実味…評価を押し上げた「目に見える数字」以上の価値

    阪神・大山悠輔「4年16億円」争奪戦勃発に現実味…評価を押し上げた「目に見える数字」以上の価値

  3. 8
    大阪万博またまた軌道修正…赤字が出れば出るほど経済効果が上がる摩訶不思議

    大阪万博またまた軌道修正…赤字が出れば出るほど経済効果が上がる摩訶不思議

  4. 9
    山本由伸がドジャースから「投手史上最高額12年465億円」を引き出した手練手管と舞台裏

    山本由伸がドジャースから「投手史上最高額12年465億円」を引き出した手練手管と舞台裏

  5. 10
    冨永愛と不倫報道 記者招き入れ釈明した長渕剛“変節”のウラ

    冨永愛と不倫報道 記者招き入れ釈明した長渕剛“変節”のウラ