世界卓球初戦で中国大苦戦…まさか日本女子がパリ五輪「団体」切符逃すことはないよね

公開日: 更新日:

 16日に開幕した卓球の世界選手権団体戦(韓国・釜山)。女子は優勝候補の大本命・中国が初戦でインドに大苦戦。第1試合では世界ランキング1位の孫穎莎が同155位のアイヒカ・ムカルジーに1-3で敗れ、第3試合でも同2位の王芸迪が同49位の選手にストレート負けの大波乱。3ー2で冷や汗ものの勝利だった。

 今大会は男女とも40カ国が出場し、8グループに5カ国ずつが分かれ、グループリーグ3位までが決勝トーナメントに進む。ベスト8進出でパリ五輪の団体出場権を獲得し、五輪シングルス2枠を得る。

 チームランキング2位の日本女子はグループ2。同組にはブラジル(25位)、ルクセンブルク(20位)、南アフリカ(45位)、イラン(55位)が入っている。ライバルは格下ばかりなので、順当に1位通過なら、21日の決勝トーナメント2回戦で1回戦の勝者と対戦する。ここで勝てばベスト8入り。五輪の団体出場が決まるわけだが、絶対王者の中国でさえ苦戦しているように、勝負は下駄を履くまでわからない。

 日本女子の団体代表は、15歳の張本美和と東京五輪混合ダブルス金、団体銀、シングルス銅の輝かしい実績をもつ伊藤美誠(23)の争いが注目され、結局、選考レース3位の伊藤ではなく、4位の張本に軍配があがった。このニュースは卓球王国の中国でも話題を集めたが、今大会で団体の出場権を得ることができなければ大失態。世界ランキング枠で出場できる可能性は高いとはいえ、パリ五輪では中国を破って金メダル取りが目標だけに、ここですんなりと決めたいところだ。

  ◇  ◇  ◇

●関連リンク【もっと読む】…では、伊藤が周囲から囁かれている「引退説」について詳しく報じている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  4. 4
    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

  2. 7
    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

  3. 8
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  4. 9
    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

  5. 10
    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情

    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情