初芝清
著者のコラム一覧
初芝清オールフロンティア監督・野球解説者

1967年2月26日生まれ。東京都豊島区出身。二松学舍大付高卒業後、社会人野球の東芝府中で都市対抗に3度出場。88年ドラフト4位でロッテ入団。95年に打点王、ベストナインを獲得するなど強打の三塁手として活躍。「ミスターマリーンズ」の愛称でロッテ一筋17年、2005年に引退。通算1732試合で打率.265、232本塁打、879打点。07~10年社会人のかずさマジックでコーチ。14~19年セガサミー監督を務め、日本選手権準優勝、都市対抗4強など。現在はオールフロンティア監督。野球解説者。

千葉マリンスタジアム名物「突風」に泣かされた三塁守備…飛球は様々な動き方をした

公開日: 更新日:

 バックネット側の壁の高さが33.9メートルなのに対し、バックスクリーン側は27.6メートル。バックネット側の壁の高さがバックスクリーン側より6.3メートル高いことが、風の動きを複雑にしていた。上空に上がった飛球がさまざまな動き方をするのだ。

 私は三塁の守備で四苦八苦した。ある程度高い打球は押し戻されるが、それ以上、高く上がった飛球は、真下に急降下したりする。かと思えば、ハーフライナーは風に乗って、そのまま伸びていくケースもあった。私がファウルフライを右往左往しながら追いかけ、結局捕れず……というシーンは「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」(フジテレビ系)の「珍」の方の名物になっていた。

 95年はボビー・バレンタイン監督が指揮を執り、10年ぶりのAクラス(2位)。私は主に5番を任され、初の打点王を獲得した。しかし、翌シーズンはスランプに陥った。強度の乱視のため、ボールが見えにくくなったのだ。コンタクトレンズを入れてみたが、強風が吹きつけるマリンスタジアムでは、砂ぼこりが目に入ってくるし、そもそもコンタクトが風で吹っ飛んでしまうこともしばしば。とても無理だと思い、メガネを着用。ようやく打撃不振から脱出することができた。

 ただ、ボールが見えるようになっても、風速10メートル以上の日の飛球は捕れる気がしなかった。

 次回は3年間プレーした川崎球場の悲しい話をしよう。(つづく=15日17時公開予定)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至