大谷翔平の態度がドジャースで豹変のナゼ…メディア対応でエンゼルス時代とは“雲泥の差”

公開日: 更新日:

「まるで、人が変わったようじゃないか」と、周囲からはそんな声も上がっている。

 米アリゾナでキャンプを送る大谷翔平(29=ドジャース)のメディア対応に関してだ。

 日本時間4日のファンフェスタではトークショーに登場し、自宅での愛犬デコピンとの過ごし方など、プライベートの一端を包み隠さず明かすと、終了後には日米両方のメディアの囲み取材にも応じた。

 同10日のバッテリー組とリハビリ組によるキャンプ初日には、集まった日米の報道陣の多さに目を丸くしながらも、英語と日本語に分けて行った2度の会見は丁寧な受け答えに終始。今キャンプ初のフリー打撃を行った同13日にも報道陣に対応し、昨年9月の打撃練習で痛めた右脇腹や手術した右肘について「問題ない」とし、「このまま順調にいけば(開幕に間に合う)ということですね」と回復ぶりをアピールした。

 新天地では取材に応じるだけでなく、カメラマンに対する“絵作り”への協力も惜しまないという。

 同12日に、新たに同僚となった山本由伸(25)がキャンプ2度目のブルペン入りした際には、ルーキー右腕の斜め後ろで投球を見守ったし、ピッチングが終わると連れだってクラブハウスに引き揚げた。テレビ関係者はこんな見方をする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  2. 2
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 3
    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

  4. 4
    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

  5. 5
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  1. 6
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  3. 8
    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

  4. 9
    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

  5. 10
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず