巨人・松井秀喜「臨時コーチ」が超精力的なワケ…後輩の阿部監督に責任を背負わす“負い目”

公開日: 更新日:

 巨人の宮崎キャンプで6年ぶりに臨時コーチを務めている松井秀喜氏(49=ヤンキースGM付特別アドバイザー)が精力的に動き回った。

 13日は巨人現役時代のキャンプの“本拠地”で、現在は二軍が使用する「ひむかスタジアム」を訪れ、育成の有望株・中田歩夢(19)やベテランの梶谷隆幸(35)らにアドバイスを送った。

 指導初日の10日には、背番号「55」の後継者・秋広優人(21)に45分間のマンツーマン指導。秋広はその後の紅白戦で2安打を放ち、スポーツメディアはさっそく「ゴジラ効果」と持ち上げた。

 さるチーム関係者がこう言った。

「今回の松井コーチの一番の使命である秋広への指導は、ヤンキースの主砲で201センチの長身のジャッジを例にトップの位置とバットの軌道をアドバイス。200センチの秋広も『トップの位置を低くした。(バットを地面と)平行で出した方がいいと言われたので、ちょっと下げめで平行に出すようにした』とスイングを改造すると、すぐに結果が出たので感謝しているようです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽