森保ジャパンは空中分解…伊東純也「性加害醜聞」以前から“火種”はくすぶっていた

公開日: 更新日:

 カタールで開催中のアジア杯準々決勝・イラン戦に逆転負けを喫した森保ジャパンが、空中分解しているという。

【前編】では、「性加害醜聞」が報じらている伊東純也(30)の離脱が二転三転した舞台裏について報じた。【前編からつづく】

 ◇ ◇ ◇ ◇

 イラン戦の敗戦後に選手から飛び出した「指揮官批判」を巡って、森保ジャパンに火種がくすぶっていたと見る向きは少なくない。

 イラン戦の後、得点を決めたボランチのMF守田英正が「チームとしてどんな動かし方をし、どこを狙っていくのか、もっと明確にしないといけない。(ベンチは)もっといろいろ提示してほしい」と公然とブチ上げたのだ。

「カタールW杯後、日本代表の攻撃担当コーチに元代表MFの名波浩(元J磐田監督)が新たに就き、守備担当コーチの元代表DF斉藤俊秀(元21歳以下日本代表コーチ)と手分けをする形で練習は完全に攻守ごとの分業制となった。招集選手選び、起用法などの権限は森保監督が握っているというが、この分業制によって森保ジャパンの攻守の軸となる戦術が固まらず、それが守田の『もっといろいろ指示してほしい』という発言につながった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  4. 4
    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

  2. 7
    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

  3. 8
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  4. 9
    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

  5. 10
    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情

    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情