佐々木朗希が抱える環境変化への適応不安…「韓国遠征6キロ激痩せ」「ベンチ裏で涙」の過去

公開日: 更新日:

【前回】佐々木朗希の今季終了後の「メジャー挑戦」に現実味…海を渡る条件、ロッテ側のスタンスは からつづく。

 ◇  ◇  ◇

 素材は一流だからといって、それだけで活躍できるほど甘くはない。

 選手会を脱退した上、球団に早期のメジャー挑戦を要望したロッテ・佐々木朗希(22)。週刊文春の報道によれば、広島・会沢選手会会長は「名前も聞きたくない」と怒っているという。ロッテとの契約交渉は揉めに揉め、キャンプイン6日前にようやくサイン。ハレーションを起こす形になった。

 その佐々木を大船渡高時代から知る関係者は「決して協調性がある子じゃない。特に環境の変化が心配です」と、こう続ける。

「人見知りで初対面の人間には構えるところがあり、打ち解けるまで時間がかかる。昨春のWBCでは当初、ダルビッシュとのコミュニケーションがうまくいかず、かねて知り合いだった山本や宮城らのオリックス勢とくっついてばかり。なかなかチームに溶け込めなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」