西武編成幹部「近年のドラ1で一番の投手」と唸った…武内夏暉が並みの新人と決定的に違う点

公開日: 更新日:

 西武ドラフト1位で入団した武内夏暉(22=国学院大)。昨年のドラフトでは3球団が競合するなど、大学ナンバーワン投手として高い評価を得た。新人合同自主トレでは17日に初めてブルペンに入り、「徐々に出力も上げていけたら」と開幕に向けて順調な様子だ。

 西武は近年、2014年の高橋光成(26)を筆頭にドラ1投手の活躍が目立つ。潮崎哲也編成ディレクターは「武内は近年で一番いい投手ではないでしょうか」としたうえで、こう続ける。

「高橋光成が入ってきたころは体の線も細く、まだこれからといった感じでしたが、武内は体も出来上がった状態です。隅田知一郎(24=21年ドラ1)も地方の大学リーグの出身で経験が豊富なわけではなかったけど、武内は東都大学リーグ出身。非常にレベルの高い環境で揉まれているだけあり、バッターの様子を見ながら押したり引いたりする投球術をすでに身につけています」

 同期入団のチームメートからも「練習前のストレッチにしっかりと時間をかけ、自分のこだわりを持っている」と評判の武内。ブルペンでも実戦を想定し、帽子を着用して投球を行うなど意識の高さも光る。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?