「陸上よりも水中にいる時間の方が長い」アーティスティックスイミング日本代表合宿の“全貌”

公開日: 更新日:

藤井萌夏(アーティスティックスイミング/19歳・中京大)第1回

「あっ、お気遣いなく! 私たちも言いにくいので『シンクロ』と呼んでいますから!」

 笑顔でこう話すのは、アーティスティックスイミング日本代表の藤井だ。同競技はもともと「シンクロナイズドスイミング」と呼ばれていたが、2018年に改称。にもかかわらず、うっかり「シンクロ」と言ってしまった記者を冒頭のようにフォローしてくれた。

 藤井は2018年当時、刈谷市立刈谷南中の2年時からユース日本代表、中京大付中京高2年に上がってからはトップチームである日本代表入り。以降は「学校にはあまり通えず、起きている時間は陸上よりも水中にいる方が長いかもしれません」という競技生活を過ごしている。

 日本代表合宿は1回1~3週間の長さで、東京都北区にあるJISS(国立スポーツ科学センター)で年間を通して行われる。合宿中のスケジュールは「息をつく暇もないくらい忙しい」とこう話す。

「朝は6時半に起きて7時に朝食を取り、7時半にはプールサイドに集まります。機材などの準備をして、だいたい8時に練習スタート。1時間ほどストレッチと体操をして……、1時間は長い? シンクロは柔軟さが求められますし、念入りなストレッチは必須なんです。決められたメニューをこなしていたら意外とアッという間で、汗だくになります」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ