巨人が前阪神ケラー獲得で中継ぎ補強 抑え大勢コケたら「守護神」抜擢にも現実味

公開日: 更新日:

 巨人が26日、今季まで阪神で2年間プレーしたカイル・ケラー(30)の獲得を発表した。

 阪神に在籍した今季は、シーズン途中の8月に家庭の事情で帰国するまで27試合に登板。1勝0敗1セーブ、防御率1.71と抜群の安定感を誇った。

 ライバルである阪神に所属した助っ人が翌年に巨人でプレーするのはメイ以来24年ぶり。巨人は現役ドラフトで阪神から馬場を獲得しており、阪神から2選手が翌年巨人に移籍するのは、初の珍事となった。

 今季、巨人の救援防御率はリーグワーストの3.83だった。そのため、今オフはトレードでソフトバンクから高橋礼と泉、オリックスから近藤を獲得。阪神から馬場、ケラーと救援投手をかき集めている。さる巨人OBがこう言った。

「その中でもケラーは重要な補強だった。MAX157キロの直球と大きく割れるカーブが武器。他にカットボール、スライダー、フォークなど変化球も多彩。球団は『常時150キロ以上の球威があって、かつて絶対的セットアッパーだったマシソンになれる』と期待している。勝ちパターンのリリーフ陣の一角として、まずは『七回』からのスタートになるだろうが、抑えの大勢が6月末に右上肢のコンディション不良で長期離脱。9月中旬に復帰した後も3試合連続失点と精彩を欠いたのは、実は本来の投球フォームを見失い、バランスを崩してしまったから。正直、完全復調できるかは微妙という状態です。ケラーは阪神では主にセットアッパーだったが、大勢がコケた時のクローザー抜てきもにらんだ補強でしょう。それにしても、阪神から2人も取るとは……」

 阿部慎之助監督(44)を迎えた巨人、プライドをかなぐり捨てて勝ちにいく。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  3. 3
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

  1. 6
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

  3. 8
    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

  4. 9
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  5. 10
    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!

    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!