大谷翔平ら輩出の花巻東に異変!「岩手純血主義」からの方針転換に全国の強豪校も真っ青

公開日: 更新日:

 高校野球の岩手県の強豪・花巻東が今、ますます勢いに乗っているという。

 巨人からドラフト1位で指名された西舘勇陽(21=中大)が23日、花巻市内のホテルで入団祝賀会に出席。集まった母校・花巻東の同級生や関係者ら約270人の前で、高校の大先輩であるドジャース大谷翔平(29)と同じ背番号「17」の巨人のユニホーム姿で登場。「球団の歴代の先輩方がつけてきた番号。花巻東の出身として特別な意味のある番号」と力強く語った。

 その大谷がドジャースと10年総額7億ドル(約994億円)という超大型契約を結んだことについては「ゼロが多すぎて、よく分からないのが一番」と苦笑いしながらも、花巻市長から大谷や同校の先輩であるブルージェイズの菊池雄星(32)らと2026年のWBCでの共闘を期待されると、「目標の一つに日本代表があって、高校、大学となれなくて本当に悔しかった。そこのレベルに行けるように頑張りたい」と決意を表明した。

 同校は今年、高校通算歴代最多の140本塁打を放ち、米国の大学進学を表明している佐々木麟太郎(3年)が在籍。そんな花巻東が最近、方針を変えたという。ある強豪校の関係者がこう証言する。

■関東のスーパー中学生勧誘

「複数の強豪校が追いかけている関東の中学硬式クラブチームに所属する2年生のスーパー中学生がいます。全国各地から勧誘に来ていて、これはヤバイなと思っていたら、今度は花巻東が乗り出してきたのです。地元・岩手の中学生しか取らないはずなのに『特別』な選手は、地元出身じゃなくても入学させることにしたそうです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状