日大アメフト部の新設案に入学予定の高校生抱える強豪校顧問が悲鳴!「ずっと宙ぶらりん」

公開日: 更新日:

 廃部したかと思えば、たったの1週間で復活?

 複数の部員が違法薬物事件で逮捕され、12月15日に廃部が決定した「フェニックス」の愛称で知られる日大アメフト部に新展開があった。同大はさる21日、部員や保護者、来年度入学予定の高校生らに対し説明会を開催。年内にも新たなアメフト部を新設し、年明けにも活動を始める指針を示したという。現在と同様、予算面で優遇があり、推薦入学が可能な競技スポーツ部になるよう調整しているらしい。

 事実上の「活動続行」宣言だが、部は廃部を経て新設されるため、関東学生アメフト連盟を一度退会し、再加盟する見通しだ。その場合は3部リーグからの参入になる。

 迷走が続く日大に対し、来年度に進学予定だったフットボウラーを抱える高校側からは悲鳴が挙がっている。これまで多くの選手を日大に送り出している東日本のアメフト強豪校の顧問が言う。

「廃部が決まってから、日大はこちらに『入学予定者に不利益にならないようにする』としか説明していません。高校生の人生を大きく狂わせることになるかもしれないのに、ずっと宙ぶらりんにされていました。学内の混乱が収拾していないのでしょうが、我々への配慮、誠意があったとは到底言い難い。そんな状況で部を新設しますといわれても、『はい、そうですか』とは受け入れられませんよ。日大は廃部決定後に新たな受け皿を作ると言った。てっきり別の大学を紹介をするなど、別の選択肢を示してくれると思っていました。誰が今の日大アメフト部に入部したいと思うんですか!」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる