宮川哲と元山飛優の交換トレード成立 ヤクルトと西武の損得勘定

公開日: 更新日:

 一方で東北福祉大から20年ドラフト4位でヤクルトに入団した元山は、巧打の内野手として期待され、ルーキーだった21年には主に遊撃手として97試合に出場。打率.255をマークした。あの宮本慎也の「後継者」と期待され、背番号「6」を背負ったものの、高卒4年目の長岡の台頭もあって、ここ2年は13、22試合出場にとどまっていた。通算132試合で打率.234、4本塁打、22打点だった。

「来季のヤクルトの内野は、オスナ、山田、村上、長岡とスタメンはほぼ固まっていて、そこに高卒5年目を迎える武岡、現役ドラフトで巨人から北村も獲得したから、ほぼ飽和状態。元山は打撃はおろか、守備面でもとびぬけたものがあるわけではない。来季はさらに出番が限られたでしょう」(同前)

 巨人も惚れた宮川は、FA戦線で山崎福、石田取りに失敗し、投手の駒不足に悩むヤクルトでは、先発に加えてリリーフとしてもフル回転が期待できる。ヤクルトの方が得をしたかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽