ソフトバンク甲斐が「複数年契約」打診を断ったワケ 来季は国内FA権取得見込みなのにナゼ?

公開日: 更新日:

 FA移籍の布石……ではなさそうだ。

 昨21日、ソフトバンク甲斐拓也(31)が契約更改を行い、現状維持の2億1000万円でサインをした。会見では球団から複数年契約の提示をされたと明かすも、「プロ野球選手は1年が勝負」と、あえて単年契約を選んだという。

 甲斐は順調に行けば来季、国内FA権を取得する。ソフトバンクが複数年を提示したのも、万が一の流出を防ぐためだろう。甲斐は東京五輪や今年のWBCでも、日本代表として活躍。捕手としての能力は高く評価されており、仮にFA宣言をしたら複数球団が獲得に乗り出すのは間違いない。

 とはいえ、甲斐の気持ちが移籍に傾いているわけではなさそうだ。ソフトバンクの球団OBは「甲斐も球団を出ていくつもりはないようです」と、こう続ける。

「今回、あえて単年を選択したのは、球団が提示した複数年契約の内容に不満があったからでしょう。いくら単年とはいえ、FA権取得前年の年俸が現状維持ですから、複数年契約の条件も推して知るべしです。ソフトバンクは大型補強が多いこともあってか、それこそかつての左腕エース・杉内(現巨人投手チーフコーチ)が在籍していた時代から、『外様に優しく、身内に厳しい』と言われてきた。FAで獲得した前西武の山川には、女性問題の不祥事があったにもかかわらず、破格の4年総額20億円を提示。これにはチーム内でも賛否があるそうです。守護神のオスナも先日、4年総額40億円以上で再契約した。昨オフ、日本ハムからFA宣言した近藤に至っては7年総額50億円ですからね。柳田が2019年オフに7年総額40億円で契約するなど、生え抜きを冷遇しているわけではないが、ホークスは外様が優遇されがちなのは確か。よそから来た選手に何十億円と出すのを目の当たりにすれば、不満を抱くのも無理はありませんよ」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速