プロ4年目野手で初の年俸2億円超え DeNA牧秀悟「ないです!」断言のメジャー挑戦“Xデー”

公開日: 更新日:

「まさかこんな金額をもらえるとは思っていなかった……」

 DeNA牧秀悟(25)が昨20日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、ほぼ倍増となる1億1000万円アップの年俸2億3000万円でサインした。

 3年目の今季は全143試合に4番で出場し、打率.293、29本塁打、103打点で初の打点王、164安打で最多安打の2冠を獲得。2年連続で二塁手部門のベストナインに輝いた。

 プロ4年目での年俸2億円超えは、2007年ダルビッシュ(日本ハム)、15年大谷(日本ハム)に並ぶプロ野球史上最速タイ。野手では史上初となった。来季は主将に就任する。

 3月のWBCでは侍ジャパンの一員として世界一に貢献。11月のアジアプロ野球チャンピオンシップでも若手中心の日本代表に選ばれ、主将を務めた牧には大きな夢があるという。球界関係者がこう言った。

「WBC出場野手でメジャー志向が強いのは、ヤクルト・村上、巨人・岡本、そしてこの牧です。DeNAでは今オフ、8年目を終えた今永がポスティングを容認されてメジャー挑戦する。野手では筒香が年俸4億円に達した10年目の19年オフに認められています。DeNAではこの『4億円』が、チーム最高給の目安となっている。牧は筒香をはるかに上回るハイペースで昇給している。来季以降もタイトルを取り続けるようなら、4億円まで1、2年で到達するでしょう。そうなった時がメジャー挑戦にゴーサインが出るタイミングかもしれません」

 前日に契約更改を行った今季最多勝の東は「メジャー挑戦? ないです!」とキッパリ否定したが、球団は牧を引き留めようと、気前良く給料を上げれば上げるほど、かえって流出を早めることになりかねない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽